2018年10月23日 更新
「炎症」関連の最新Q&A、口コミを取得してご利用ください。

取得対象: 「gooヘルスケア」、「yahooヘルスケア」、「はてな人力検索」、「教えて!goo」、「Yahoo!知恵袋」、「OKWave」、「livedoorナレッジ」

炎症
をクリック・・・その記事と関連のあるQ&Aを一覧表示できます。


中絶後に、運悪く炎症をおこすとしたら子宮→卵管→卵巣の順ですか? 子宮に炎症おこらなければ卵管や卵巣に炎症おこりませんか? 子宮に炎症おこらずに卵管あるいは、卵巣に炎症おこる... ...


慢性炎症(膠原病ではない)において、炎症の原因が除去されているにも関わらず炎症が治らないことはあるのでしょうか? 慢性炎症はTリンパ球とマクロファージが相互に刺激しあい、炎症物... ...


慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。 この慢性炎症に対してステ... ...


ある部位の慢性炎症に十分な量のステロイドを1週間程度内服しているのですが、なかなか炎症が取れません。 機能障害については大分回復しているのですが、まだ発赤が見られるといった... ...


右肩を捻って炎症を起こしているので「肩に炎症止めの注射をする」と言われました。 以前炎症止めの注射は軟骨を溶かすと聞いた事があります。 その様な副作用があるのでしょうか?。 大... ...


<肺疾患というと、拘束性肺疾患、閉塞性肺疾患、喘息といろいろありますけど> 「喘息」とは、気管支炎のことで、気管の炎症と気管支の炎症を指すと、雑駁な理解しかしてなかったのですが、教えてください。 「喘息」には、肺胞の炎症も含めているのか、肺胞の炎症は別のもので、ただし、「喘息(気管と気管支の炎症)」と同時に起こることが多いだろうという話にすぎないのか、どちらでしょうか。 一方、「閉塞性肺疾患」についても教えて下さい。 「閉塞性肺疾患」とは、気道の管といいますか、喉頭、気管、気管支の管(くだ)の内径がなんらかの理由で狭まってくることと理解したのですが、いや、喉頭は含まず、気管と気管支の管の内径のことなんでしょうか。どちらでしょうか。 ★★    ⇒上記の文の「喘息」の定義を下記のように改めます。     「喘息」とは、呼吸について、喘鳴を発生させること。      喘鳴だけでなく、発作を起こす(呼吸にリズムが乱れ、      スムーズな呼吸ができなくなる)こと。 ...