西武とのトレーニングマッチで圧倒的に惨敗です。
本番で勝ってくれれば問題は全くないのですが、なんか変ですね。
WBCの公式球がすべるらしいのですが、日本のプロ野球でも公式球を使えばいいのではと単純に思ってしまいます。
それがだめなら、日本の公式球をWBCで使用すればいいのでは?
でも、日本の力では難しいのでしょうね。
やるからには連覇を目指して日本代表としてがんばってほしいものです。
↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(1件)
  1. まったくそのとおりですね。
    WBCの公式球はすべるし飛ばないらしいです。
    飛ばないので日本では公式球として使いたくないのでしょうね。
    これ以上ホームランが減るとほんとに野球が面白くなくなるでしょうからね。


関連URL

岩隈被弾、課題重く 予想外の制球難 ダルも不安要素 侍ジャパン×西武
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合(日本7-2西武、28日、東京ドーム)日本代表は西武に完敗した。練習試合、強化試合を含めて初めての黒星を喫した。  日本代表は先発3本柱の岩隈久志投手(楽天)が先発したが、3回を投げ2安打2失点。リリーフしたダルビッシュ(日本ハム)も2回2安打1失点と不安を残した。  打線は西武の6投手の前に散発8安打に抑えられ、日本代表候補を落選した岸から小笠原(巨人)のタイムリーで1点、さらに最終回に1点を返すのがやっとだった。  日本代表は、あす3月1日に巨人とWBC本番前最後の強化試合に臨む。WBCは3月5日に開幕する。  岩隈、ダルビッシュにとって、WBC1次ラウンド開幕前の最後の実戦練習となるマウンド。投手中心の守りの野球を特徴とする日本だけに、原監督も2人にはきっちり抑えて本番に備えてもらいたかっただろう。しかし、ともに制球に課題が残った。  特に心配なのがダルビッシュだ。五回に2番手で登板し、1死一塁で銀仁朗と対戦。カウント2-1、外角に152キロの直球を投げ込んだ。それが高めに浮き、銀仁朗に簡単に右翼へ運ばれ、二塁打とされる。続く、原にはスクイズを決められて失点。この回限りで降板した。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 侍ジャパンは大丈夫か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/4232

質問 WBCで優勝するのはどこでしょう
日本
アメリカ
キューバ
ドミニカ
韓国
中国
台湾
オランダ



結果 過去の投票 Petit Poll SE ダウンロード 管理
左下のボタンからアンケート結果が見られます
↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓