動画再生用のCODECパックを入れてみました。

これまで Mediaplayer Classicを使っていてCODECがなくて再生できなくてVLCを使うこともありましたが、これでMediaplayer Classicだけで済みそうです。

Mediaplayer Classicは軽いのが最大の売りですが、対応のフォーマットがVLCに比べて少ないのが悩みの種で、CODECを探しては入れていましたが、最近はいろいろありすぎて対応しきれなくなっていました。

では、入れてみます。

ダウンロードは こちら からです。

basic standard FULL MEGA とあって私はFULLを選びました。

standard以上でMediaplayer Classicもインストールされるのでお得です。

まず、インストールを開始すると これまで入れていたCODECをアンインストールしますかと問われました。これは無駄なトラブルを防止するためでしょうか。

後はインストールするだけですので1分もあれば十分終わります。

使った感想ですが、Mediaplayer Classicの軽快さはそのままいろいろなファイルが再生できるのでとっても快適です。

いれて損はないです。

↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(2件)
  1. 日本語でないのでちょっとわかりにくいですね。

    再生するだけなら英語でもまったく問題ないですけどね。

    日本語化はどうすればできるのかな。

  2. ffdshowとMPC-HCの日本語化ページを見ればわかるよ


関連URL

ムービー再生に必要なコーデックとプレイヤーをまとめて簡単にインストールできるフリーソフト「K-Lite Codec Pack」
昔はムービー再生用のコーデックパックというと行儀が悪く、逆に今まで再生できていたムービーが再生できなくなってグチャグチャになるというようなこともありましたが、幾星霜の月日が流れて淘汰が繰り返された結果、現在生き残っているものはどれもこれも優秀で安定しており、中でもこの「K-Lite Codec Pack」はかなりのスグレモノです。 使用用途に合わせて「Basic」「Standard」「Full」「Mega」の4種類が用意されており、さらに64ビット環境用の「64-bit」も完備。どのファイルを再生したいか、あるいはもっと詳しい人向けにどのコーデックやソフトが一緒にインストールされるのかという比較一覧表も用意されているので、とにかくムービーを快適に再生したいという初心者だけでなく、毎回コーデックをちまちまインストールするのが面倒だという玄人にも向いています。GPU支援によるH.264動画のCPU負荷軽減、いわゆるDXVAもインストール時に一発で設定できるので大変便利です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: codecパックを入れてみた感想。いれて損はないです。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/5122

質問 レンタル店でDVDを借りますか
頻繁に借りる
たまに借りる
借りない
ゲームを買う方が多い



結果 過去の投票 Petit Poll SE ダウンロード 管理
左下のボタンからアンケート結果が見られます
↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓