Let's noteが大幅モデルチェンジをしました。
最大の特徴が駆動時間16時間を実現することですね。これまでのレッツノートも長時間駆動が売りのひとつだったわけですが、16時間というのは一日つけっ放しでもぜんぜん大丈夫ですよということです。
私の感覚では、ノートパソコンは5時間も持てば長いほうかなと思っていましたが、ここまで駆動時間が持てば本当に電源を気にすることなく使うことができそうです。
ノートパソコンのネックのひとつが電源が確保できないので結局、使うところが限られてしまうということですからね。
最近は、新幹線や飛行機でも電源付きの所もありますが、公共機関の図書館等はまだ貸してくれませんしね。

レッツノートの機能はいつもすばらしいと思うのですが、メジャーなモデルチェンジの際は大幅な機能UPをしてくれますね。
さて、今回のモデルですが、F8 S8 N8 R8 と4モデル用意されています。 2009年10月22日発売予定

CF-F8HYRCDR   F8は取っ手付き
Windows® 7 Professional 正規版、CPU:インテルCore2 Duo SU9400(1.40GHz)、メモリー:標準2GB(最大4GB)、HDD:250GB、14.1型WXGA(1280×800ドット)、スーパーマルチドライブ

CF-S8HYEADR  
Windows® 7 Professional 正規版、CPU:インテル Core2 Duo P8700(2.53GHz)、メモリー:標準2GB(最大4GB)、HDD:250GB、12.1型WXGA(1280×800ドット)、スーパーマルチドライブ

CF-N8HYCADR

Windows® 7 Professional 正規版、CPU:インテル Core2 Duo P8700(2.53GHz)、メモリー:標準2GB(最大4GB)、HDD:250GB、12.1型WXGA(1280×800ドット)


CF-R8HWKCDR
Windows® 7 Professional 正規版、CPU:インテル Core2 Duo SU9600(1.60GHz)、メモリー:標準2GB(最大4GB)、HDD:250GB、10.4型XGA(1024×768ドット)
↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(0件)

関連URL

PanasonicのノートPC「Let’snote」に新シリーズ登場、バッテリー駆動時間は世界最長の16時間へ
Panasonicが発売しているノートPC「Let'snote」シリーズの冬モデルが発表されました。これまでは14.1型液晶でドライブを内蔵したハンドル付きの「Fシリーズ」、12.1型液晶でドライブ内蔵の「Wシリーズ」、Wシリーズからドライブを省いた「Tシリーズ」、10.4型液晶でコンパクトなモバイルノート「Rシリーズ」の4種類でしたが、今回のモデルから「Wシリーズ」と「Tシリーズ」が消滅し、新たにドライブ内蔵でCPUパワーを重視した「Sシリーズ」とSシリーズからドライブを省いた「Nシリーズ」が加わりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Let's note 2009冬モデル F8 S8 N8 R8はこんなのです。レッツノートにはいつもながら感心します。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/4856

質問 ノートパソコンで重視するのは
処理速度
重さ
大きさ
駆動時間
キーピッチ



結果 過去の投票 Petit Poll SE ダウンロード 管理
左下のボタンからアンケート結果が見られます
↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓