炎上事故が絶えない iPod nano 充電中に爆発したそうです。

おそろしや。

最近の精密機器はぎちぎちに詰め込まれているので熱の逃げ場がないのでしょうね。

放熱や発熱にはとても気を使って製作していると思いますが、ちょっとしたことなのか、使う場所が暑すぎたのかわかりませんが、あるんですね。

小さくするのはいいことですが何事もリスクがありますね。アップルも発売前にわかっていたんでしょうか。ぎりぎりかもとか思っていたけど出しちゃったんでしょうか。




↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(0件)

関連URL

またしてもiPod nanoが突然爆発、焼け焦げた写真が公開される
発火事故が相次いでいた「iPod nano」について、経済産業省がAppleに厳重注意を行ったことを8月上旬にお伝えしましたが、またしても発火事故が発生したそうです。 過熱し爆発したiPod nano本体は手元にあった紅茶のカップに沈められ、事なきを得たそうですが、「ある日突然目の前で炎上したら……」ということを考えた場合、とっさにこのような対応ができるかどうかは難しいのではないでしょうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ipod nanoが燃えた。おそろしや

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/5123

質問 iPhoneを使ってみたい?
もう使っていて使い続けたい
次は違う携帯がいい
使ってみたい
あまり興味が無い
他のキャリアであれば使ってみたい



結果 過去の投票 Petit Poll SE ダウンロード 管理
左下のボタンからアンケート結果が見られます
↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓