北朝鮮がミサイルを発射したとNHKで12時ごろ報道がありました。

しかし、わずか5分後に誤報でしたと発表・・・。

あなた、最悪は戦争になるかもというのになんともお粗末ですね。

実際発射しても誤報でしたといいそうな気がします。信用が出来ませんね。

アメリカの早期警戒衛星から防衛省、首相官邸、Em-Netを通じて各自治体や報道機関へ伝わる仕組みになっているそうで、報道は自動的にされるそうですが、事実確認はしなかったのですね。

そんなことやってたらどこかに落ちちゃいますけどね。

自動で通報されるとのことでどこで間違ったのかが気になります。

本当に、しっかりしてほしいものです。

↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(1件)
  1. 危機管理という面で言うと、政府対応は正解です。

    こと、人命が係わる事案においては、情報の確認より
    情報が事実である前提で行動することが要求されます。

    わかりやすい例だと、警察消防は通報があった段階で行動を開始する。
    情報を精査する時間で手遅れになる可能性があるのであれば、
    現場は情報が事実、最悪の事態を想定して行動するのが危機管理体制として求められます。
    今回の場合、誤探知でなかった場合は情報を精査する間に
    落下、着弾が十分予想されますので、政府対応は妥当であるとの見解になります。


    ちなみに、今回の事例で誤報が戦争の引き金になるとの考えは杞憂と言っていいでしょう。

    打ち上げが成功した場合、迎撃体制の射程外をロケットが通過するので迎撃は行われない。
    打ち上げ失敗の場合でも、今回のように国内への落下の危険性なしならやはり迎撃体制の射程外なので、迎撃は行われない。
    打ち上げ失敗の場合で、かつ国内への落下物がある場合は、誰の目にも打ち上げ失敗は明らかなので迎撃は問題視されない。

    今回の件で戦争になるのは、北朝鮮が衛星打ち上げと国連他を謀って
    日本にミサイルを撃ち込んだ場合だけですが、その場合は誤報云々は問題になりません。


関連URL

「北朝鮮が飛翔体を発射した」という政府発表は誤探知
NHKが先ほど「北朝鮮が飛翔体を発射した模様だそうです」と報道しましたが、その5分後、「誤探知だった」と訂正しました アメリカの早期警戒衛星から防衛省、首相官邸、Em-Netを通じて各自治体や報道機関へ伝わる仕組みになっているそうですが、この情報伝達の流れがどこかでアウトだった模様。 政府によると、先ほどの探知はすべて誤探知だったとのこと。原因は不明。 仕組みとしては早期警戒衛星がミサイルの熱を感知し、それをもとにしてクリック一つで知らせる仕組み、らしいのですが、大丈夫なんでしょうかね……NHKではなにやらいろいろと説明していましたが……。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 北朝鮮がミサイル?を発射したと思ったら誤報だったってそれで大丈夫なの

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/4264

↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓