コナンの毛利小五郎役を解かれたとあるので、自らで辞めたのではなく、辞めさせられた方に近いのかもしれません。
神谷明いわく、「契約上の問題と、信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます。」ありますので、色々と折り合いが付かなかったのでしょうね。
一番考えられるのは、ギャラが安いということでしょうか。やっぱり、俳優と違って、声優の評価は俳優ほど高くはなく、その分報酬の低いため、ギクシャクしたと思われますね。

最近は、かわいいアイドルまがいの声優もたくさんいますが、声優というと顔を出さずに黒子に徹するというイメージがあり、なかなか高報酬とはいかないのかもしれません。

声優はランク制で報酬が決まるそうで、 主役・端役に関わらず、台詞の数が一言だろうと関係なく報酬が支払われるそうです。すごいシステムですね。
ランクの設定は毎年4月に更新され、人気がでたり年数やキャリアを重ねるといろいろな協議をおこない、ランクが上がっていくとのこと。

気になる報酬ですが、30分作品の最低ランクは1万5千円ぐらいで、最高は4万5千円ぐらいとのことで、さらにその上には上限なしのノーランクなるものがあるようです。

もちろん、スペシャル番組で60分や90分等の場合は報酬はもっともらえます。

しかし、基本的に配役はオーディションで決まるので、受からなければ一銭ももらえないため、新人は声優だけでは食べていけず、バイトも併用が多いのでしょう。


なにはともあれ、キン肉マン、冴羽僚、ケンシロウと忘れられないキャラを演じてこられて、毛利小五郎もはまり役だったので残念ですね。


神谷明さんの報酬っていくらなんでしょうね。まあ、間違いなく最高ランクでしょうけどね。

↓↓↓ 教えて「 」↓↓↓
 関連ワードはありません
このページやアンケートについてのみなさんのコメントです。(2件)
  1. ケンシロウは映画版では声優が変わっていましたが、やっぱり違和感がありますよね。
    ドラえもんはまったく違和感がないのは、すごいですね。全くイメージが壊れていませんもんね。

  2. やはり気づいてしまったんではないでしょうか
    「俺さぁコナンの分もやってるのにギャラが一役分だぞ」って。


関連URL

人気声優の神谷明がアニメ「名探偵コナン」の毛利小五郎役を電撃降板
1996年より放送されている青山剛昌の同名漫画が原作の人気アニメ「名探偵コナン」の主要キャラクターである毛利小五郎役を人気声優の神谷明氏が電撃降板したことが明らかになりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 神谷明がコナンの毛利小五郎役を解かれたのはなぜ?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://info--info.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/4848

質問 ほのぼの長寿アニメですきなのは
サザエさん
ちびまるこちゃん
クレヨンしんちゃん



結果 過去の投票 Petit Poll SE ダウンロード 管理
左下のボタンからアンケート結果が見られます
↓↓ 話題の言葉を調べる ↓↓
↓↓ 関連記事 ↓↓
↓↓ Category ↓↓